top.jpg

株式会社久慈ソーイング

創業以来の「モノづくり」と 新たな挑戦

株式会社久慈ソーイングは元々水着の縫製工場でしたが、東日本大震災により甚大な被害を受け、現在はカジュアルウェアを中心とした製造へ業態を切り替え、現在でも復旧に尽力しています。

震災後、仕事ややりがいを失ってしまった人たちの、働くよろこびと明日への希望づくり「東北グランマの仕事づくり」プロジェクトが始りました。久慈地域では久慈ソーイングが関わり「働くよろこびと心の交流」活動の橋渡し役にも取り組んでいます。

取り組む特別な技能も経験もない女性が働けて、じぶんの働きの量だけ収入となり、コミュニティーが作られ、仕事仲間ができる。

働くことで役割を持ち、生き生きとした笑顔と、収入を持って家に帰ることで、女性の元気で家庭を明るくする、を目標にしています。

技術者(従業員、外注者)とタッグを組み、品質第一に優れた技だからこそ生れる確かな製品づくりを推進。

常にお客様のニーズを満足することを心がけ、新たな製品開発にも積極的に幅広く挑戦しています。目先を変えた製品づくりや小ロット生産にも柔軟に対応致します。

kuji.png

代表取締役 中田輝人

主な設備

手延べ延反機・本縫いミシン・インターロックミシン・千鳥ミシン・2本針オーバーロックミシン・ルイス(裾まつり)専用ミシン・検針機ほか

主な生産品目

紳士カジュアルシャツ・婦人ブラウス・マスクほか

企業データ

岩手県久慈市夏井町早坂1-6-19

TEL:0194-52-4415

FAX:0194-52-4416

代表者:代表取締役 中田輝人

創 業:昭和58年11月

http://kujisewing.com/

kuji-made.net.png